京都、浄土寺エリアで「ホホホ座」という書店(?)、グループ(?)、集まり(?)、ユニット(?)で活動している山下さん、松本さんの新刊『ホホホ座の反省文』(ミシマ社)が御宿ちよだの書棚に加わりました。 ホホホ座をめぐる面白く、時々ツライ「理想郷ではなく、日常と地続きの話」、満載。山下さんの前著『ガケ書房の頃』も併せて読むと話に奥行きが加わります。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *